(ウード修理中の様子)

お手持ちの民族楽器の修理や、ご希望の民族楽器の製作(更には既に滅びてしまい、文献上にしか存在しない楽器の復元にも)を行います。

民族楽器は、ギターやバイオリンのように、専門の職人がいないことがあります。(ネパールのサーランギのように、奏者が自作することが通常であることも多いです)

また、専門の職人がいたとしても、温度や湿度等環境の異なる海外で使用されることを想定して製作・修正するケースはほぼ稀でしょう。

民族楽器は、その殆どすべてが日本向けに製作されたものではなく、海外で生産されたものが持ち込まれたものであるため、日本の環境に合うものは少ないです。日本に持ち込み、日が経っているものは目に見えない不具合が発生していることもありますので、明らかな破損でなくとも、一度メンテンナスしてみるのは如何でしょうか?

また、民族楽器の製作も賜ります。また、日本の風土に合わせたちょっとしたカスタマイズも賜ります。(ただし、この場合本来の「音」が犠牲になることがあります。)

(受注復原製作・中世初期型Persian-Kemanche)

修理・製作に係る費用・日数は、楽器の状態やご希望により変わりますので、まずは一度お問い合わせください。

(サイト上部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。)

その他製作・修理事例

シタールの修理
古代インド琵琶の製作