ムジカ・ピッコリーノ

みなさんは「ムジカ・ピッコリーノ」というテレビ番組をご存じでしょうか?

NHK教育で放送している、子供向けの音楽番組です。
今までにいくつかシリーズがあり、それぞれテーマ(楽器だったり、歌だったり)が異なります。

私も昔民族楽器に興味を持ち始めたころ、ちょうど子供も小さかった事もあり、よく見ておりました。しかもその当時は、世界の民族楽器を紹介するシリーズでした。作中では「ピリオドモンストロ」と言って、各地に眠っている壊れかけたモンストロを、ムジカドクターが修理していく、という話です。

※ただし、色々突っ込みどころも多いのですが、そこは子供向けに必死に頭をひねった結果であろうと想像しております。

さて。何故急にこんな話をしたかといいますと、答えはトップの写真(テレビ画面)にあります。

なんと、若林先生の名前があるではないですか!!!

実は以前、資料提供したことがあると聞いたことはあり、確か「サーフロックの起源について」と伺ったと思うのですが、関連するお話しが全く思い出せず…(ちなみムジカ・ピッコリーノは多分全話見てると思います)

本日毎週自動で録画している番組(ちなみに今は再放送)を見ていたところ、先生の名前に気付き、思わず記事を書いてしまいました。

余談ですが、現在日本で流れている音楽は、ほぼ99%西洋音楽、言うなればクラシック音楽の支配下にあると感じています。(←かなり強めの表現をしています)

私が民族音楽に興味を持った理由の一つが、音楽とは何かを理解しようとしたとき、一つの流れ(=西洋音楽)だけでなく、複数の流れ(西洋音楽とは異なる進化を辿った音楽)を学んだ方が、より根源的なもの、真実に近づけるのではないか?と思った事があります。

ムジカ・ピッコリーノで民族音楽を取り上げたのは今まで1シーズンだけでしたが、このような番組を見て、世界の音楽・楽器に興味を持つ子供が増えたら、非常にうれしいことです。

そして、本サイトは民族音楽・民族楽器を学びたい!と思った人たちの受け口になれたらな!と思います。(と、言っても弟子の私にはまだそこまでの知識はないので先生頼みですが…)

民族音楽、西洋音楽の影響を受けていない音楽を学びたい!という方は是非、お問い合わせください!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です